松ちゃんがラジオにて(もう終了したみたいですが)すごくいい事を言っていたので紹介しようかと。



(あえてここは松本人志本人が言ってるような感じをイメージしやすいよう関西弁で)


松本:スピード違反ってあるやんか。
   でもスピード違反ってスピード違反じゃないのよ、あれはスピード出し過ぎ違反なわけ   で、それが取り締まられるなら「スピード出さへん違反」もあるべきなのよ。
   迷惑になるから。
   それを取り締まる事はすごく難しいねんけどスピードだしひんからこそ引き起こされる   迷惑も言ったら事故にもなるわけでしょ。

   
   それは人間の発言もそうなのよ。
   スピード違反やねん、人間の発言って。

 
   言い過ぎたらそれなりの罰が下るわけで、でも何も言わへんやつには何にも罰が下され   ないでしょ。だからみんな自分の意見を前に出さへんねん。

   
   でも本当は自分の意見を持たないってことはものすごいペナルティーをかされないけな   いのよ。


   俺は意見を持たへんことが腹立ってしゃーないのよ。


   とりあえず自分の主張を持てと、それが間違っていたとしても。

   
   行き過ぎたらスピード違反になってしまうけど、まずスピードを出さへんことが一番罪   が重いのよ。




   
まっちゃん国会に殴り込んでくれ!!

プレゼンのことなのですが、昨日無事終了しました。


前日にモデルがキャンセルといういわばドタキャンというハプニングにもあいましたが意外にサクッと新たなモデルも決まり当日を迎えました。


喋る事を考えすぎると良くないってことはわかっていたのである程度喋る題材を順番立てて、細かいところは舞台にあがってから出てくる言葉を使えばいいやと思って臨んだんだけど、まさかの喋る順番飛ばしてテンパってしまいました。


意外に緊張はほとんどしてなかったんだけど順番が分からなくなってプチパニックに陥って、どもったっぽいけどモデルは自分でもかなり納得のいく出来でそれに関してはかなり満足でした。



テンパッたことを除けば説明も結構ちゃんとしてたみたいで、次回のデモンストレーションのチャンスを頂けることになりました。


デモってのは40人くらいの会社の美容師の前で(彼らを生徒だと仮想してやる。彼らもデモを目指してやっている)カットをしながら説明してその後みんなであーだこーだ言い合う講師トレーニングの一環。


まあそれがかなりよければ次のグループにあがって今度は本格的に外部の美容師さん達を教える立場になってくるわけです。



頑張らな。

無題

今の仕事をやっていて顧客を失う時ってのはどんなもんだろうなと最近よく考える。


聞いた話だと年に一割の顧客はなんらかの理由(異動、引っ越しなど)で来れなくなり失客することを予想しておくと言われたがまあそりゃそうだなと思う。

だから忙しい人間ほど新規を大事にするっていうのは最近すごく心がけているんだけど、
この前プチショッキングな事があったので紹介します。



その人はまあ約二ヶ月に一度来店してカットカラーして帰って行きます。

その人はモデルをやっていてまあ自分も何度も担当していたので色々話しもしていて彼女がブログをやっていると聞いて、是非みてみてなんて言われたもんですから訪問したんですが(ブログをやって金をもらっているらしい)その時のブログには自分も登場していて嬉しかったんです。


何ヶ月か経ち、、


そーいや最近あの人きてないなーなんて思いながらふとブログを覗いてみると違うサロンで髪をやっているその人の写真と記事が!

最後やったときあんなにハッピーに別れたのに何故...


まあ例えれば彼女の浮気現場に遭遇した気分ですよ。


あるいは海図なき海にぶち込まれた気分ですよ、そりゃもう。



実は色の件で軽く染め師ともめているのを前回見たのでそれのせいだと言い聞かせていましたが、やはりもろに自分の客が離れて行き、違う店でハッピーになっているのを見るのは辛いもんです。


ひとりの失客でやいのやいの言ってられませんがこれがなんだったのか、自分の回数をこなした事により発した怠慢ではないのかと真摯に受け止め頑張って行く次第です。



まあ明日はプレゼン、色々ごったがえしましたがとにもかくにも明日が本番。


力まず適当にやってのけるつもりです。

昔の日記を読み返してみると、こんな事あったな、懐かしい〜と思うのと時が経つのはほんと早いもんです。


先週末から今日までにかけてロンドンファションウィークで働いてきました。


二回目ということもあって前回よりは落ち着いてやれたと思うけどやっぱ学ぶことがめちゃくちゃ多いとつくづく感じました。


そして来月頭にはそれに因んだプレゼンをする事になっていてそれの善し悪しが昇進への試験へ結構関わってくるやもしれないので心して取り組んで行こうと思う。



それが終わればイースターホリデイ。


因みにイースターってのは日本ではなじみの薄い日だけど、キリストが処刑されてその後キリストが復活した日のお祝いだったような気が..


まあどちらかといえばシッダルダより、いやむしろ治虫先生よりの私にはあまり関係がないのですが休みになるのでとりあえずうれしや。



治虫先生といえば、私事になりますが自分トイレで大をする時にはよく本(主に漫画)を読むのですが、「やべっ、まじう○こしてっ、でも何か読みたいっ!」
というシチュエーションではよく治虫先生にお世話になっていました。


困った時の治虫先生ですね



話は脱線しましたがイースターが終わってそんなこんなしてる間に夏が「くる〜」んだろうな、恐ろしっ!

はてな久しぶり!


たまにぼやくにははてなは楽だな


今年は何やら自分にとって分岐点となるような予感大


実際迷ってる部分が多少なりある



今まで僕はずっと目標に迷うことなく進んできたんだけど今僕はある分岐点にたっている


これまではアートダイレターという世界中を廻って講師をする目標に向ってとりあえずサロンでひたすらやってたんだけど、そのなかで僕はロンドンで1番の売上にもなっていまのサロンでもシニアの位置についてやらせてもらっている。


正直サロンでの自分の目標はもう達成したと思っている。

それは何も自分が思い上がってるという意味ではなく単純にアートダイレターになるという最終目標の過程で達成したという意味でありこれから自分がサロンをオープンしたりするんだったら自分はまだひよっこです。


そんな中で自分がすごく楽しいと思うことを新発見して自分がどっちの方向に進むべきかすごく迷っている、撮影のことなんですが。


それをしっかりやっていくにはサロンを少しでもカットダウンしていくべきでそうすれば給料も大分落ちるし当分そっちの方向では金はできないだろうし、
中々大変。


まあゆっくり考えます


長々すみません

気付けばもうクリスマスまで一ヶ月ちょい...


独り身が淋しい季節になりました。



はああああああ〜って感じだな

しゅんやのブログにもコメントしたけど、本当世の中馬鹿な人間が多すぎる



というか自分の子供が16から煙草吸って酒飲んで何も言わない親ってもう子供育てる資格が無いんじゃないか
本当に信じられない


なぜ自分の子供がその子に害をもたらす物をそんな若い時期、親がまだ面倒みるべき年代の時にやっていて平気で見過ごすのか。



僕はそいつらの親でも兄弟でもないからなんにも言わないけどみていて何ともいえない気分になる。


というか酒も煙草もかっこつけてやってるだけだろ自分ら、そういうのって自分が思っているのとは裏腹にめちゃくちゃださいぞ、と言ってあげたい




だせーぞ、お前ら!!!!!!!!かっこつけんな